【学生向け】運転免許証を取得するメリット

日常雑記

学生さん向けに、運転免許を取得するメリットやをご紹介します!

運転免許について書いた理由

このサイトでは、資格試験の受験体験談も書いています。

体験談を書きながら気になったのが、試験の申し込みや本人確認に必要な「運転免許証」と「クレジットカード」の存在。

このサイトは「学生さんから社会人の方まで、広い年代の方の参考になればいいなぁ〜」という情報を載せていく予定なのですが、学生さんだと「運転免許証」や「クレジットカード」を持っていない方も多いのでは?と思いました。

なぜなら、私自信が学生の頃どちらも持っていなかったからです。

初めて申し込みする時は、最後の最後まで「必要なくない?」としぶり、教習所を決める時もわりと適当でした。途中で「本当に必要なの?」ってなんども思った。地方で車がないと不便な場所であれば必須ですが、電車でどこへでも行け、車に乗ろうものなら渋滞に捕まったり路上を歩く人が多くて危なかったり。関東圏にお住まいの学生さんなら特に必要性を感じる機会はないと思います。

が、今となってはどちらも所有しており、振り返ってみると、「学生の時に作っておけばよかったな」と思うことが多々あったので、今回は学生さん向けに「運転免許証」についての記事を書きます。

「クレジットカード」についてはこちらでご紹介しています。

見てくださった方が、今後「取得するか」「いつ取得するのか」「取得しないか」検討するための参考になれば幸いです。

どうして作らなかったのか

私が学生の時に運転免許証を取得しなかった理由は2つです。

  1. 車に乗る必要がなかった
  2. 教習所に通う時間や費用を調整できなかったする気がなかった

1.車に乗る必要がなかった

電車・バス・自転車 etc..

世の中便利なもので、車ってないならないでなんとかできちゃうことが多いです。免許を持っていなければ、そもそも交通手段として「車」が候補となることもありません。

首都圏だと特に、

  • 渋滞する可能性があり、結果電車の方が移動時間が短い
  • 所有するにも購入費・維持費(保険や駐車場の費用を含む)がかさむためある程度余裕がないと難しい

といったことがネックになり、車で移動するメリットはなかなか感じづらいことの方が多いです。

2.教習所に通う時間や費用を調整できなかった

そもそも必要性を感じておらず通う気がなかったので調整する気がなかった、というところも大きいのですが、免許を取得するまでにはそれなりの時間とお金が必要です。

免許取得までの工程

運転免許を取得するまでには、それなりに長い工程があります。

  • 教習所の選定
  • 申し込み・支払い手続き
  • 仮免練習学科
  • 仮免学科 + 仮免技能

 ➡︎ 仮免許発行

  • 路上練習
  • 特定講習
  • 本免学科 + 本免技能(路上)試験

 ➡︎ 免許交付

これを、学校やアルバイトと両立してこなすのは、人によってはかなりハードルが高いです。

教習所に通う費用

教習所に通う費用はだいたい20万前後。学生さんで、普通に生活している方であれば、20万いきなり飛ぶと思うと安易に手を出せない金額です。

このような理由から、私は学生の頃免許を取得しませんでした。

車に乗る必要がなくても免許があると便利

あまり先を見据えずに「なくてもいっか」と学生の時は流していましたが、社会人になってから結局免許は取得しました。取得して、実感。たとえ車に乗る必要がなくてもあると便利です。

万能な身分証=運転免許証

社会人になると身分証を提示する機会が格段に増えます。

ここで問題。社会人になると「学生証」は使えません。大企業でれば「社員証」が発行される場合もありますが、中小企業や規模の小さい会社、雇用形態によっては「社員証」を持津ことができない場合も多いです。

そこで多くの方が所持している一般的な身分証が「運転免許証」。写真付ですので、1枚で身分証となる場合が多いです。

写真付きの身分証がないと、日常生活で色々な手続きの手間が増えます。

「運転免許証」の代替となりそうな写真付き身分証もあるのですが、どれも手続きするために時間や手間が取られたり、発行までに時間がかかったりするものがほとんどです。

免許証以外の写真付き身分証明書:パスポート、写真付き基本住民台帳、写真付きマイナンバーカードなど。

車に乗らない方でも、運転免許証を所持しておくと諸々の手続きがスムーズに進みます。必要なときに、思い立ったときにすぐ身分証を提示できるようにするためにも、運転免許証があるととても便利です。

教習所に通う時間や費用、本当に調整できない?

私の場合、実は担当の方との相性はよくはなかったです。

私の場合、結局社会人になってから教習所に通うのですが、教習所って人気のシーズンとか時間帯があるんです。働きながら土日や夜間で、と思っても、思うように予約が取れず想定より取得までの期間が長くなるケースも。

もちろん学生の頃も時間が〜等思っていましたが、それの比になりません。まとめて休みが取れなかったりもしますし、業務の都合で残業を余儀なくされる場合も。もちろん働き方や職種によっては自身で調整できる方もいらっしゃるとは思いますが、普通に会社員をするとなると学生の時よりは自分でコントロールできる自由な時間が減ります。せっかくとった予約がパーになってしまうこともしばしばありました。

本当に時間は調整できない?

授業が空いている時間帯やバイトまでの時間、試験が終わった後の長期休暇。

そのうち数時間、調整ができないかまずは最寄りの教習所で、スケジュールだけでも見てみてはいかがでしょう。全国の教習所が調べられる教習所サーチ運転免許教習所ガイドで調べることができます。

スケジュールを見て無理だな、と思った方は「合宿免許」を利用して最短取得を目指すことができるコースもありますので、参考にしてみてください。

費用がすぐに捻出できない場合

教習所に使うお金を捻出できない!!

このような境遇の方はたくさんいると思います。私も学生の頃は常に財布はカツカツ。一度に大きな金額を出すのはせいぜい3万円までが限界でした。

確かにすぐに20万前後準備するのは難しいです。が、そんな方々のために、各教習所さんでは「早割」や「分割払い」、「学割」、合宿免許の場合「グループ割」がある場合もあります。

一生免許証を使わないのであれば無駄な出費になりますが、先に述べたように免許証の用途は車の運転だけではありません。今は不要でも、私のように後々免許を取得しようと気が変わることもあると思います。

社会人になってからよりも比較的予定を立てやすい学生のうちに、「早割」や「学割」を駆使すればそこそこお得に受けられる可能性があります。

教習所では、無料で相談にのってくれるところもありますので、相談だけでもしてみる価値はあるかな、と思います。

スケジュールや費用と照らし合わせて。

どの教習所がいいのか迷う場合もあるかと思います。

が、個人的な感想をお伝えすると、教習所で迷う時はカリキュラムや口コミよりも

  • 自分のスケジュールに合うか
  • 各種割引を含めたトータル費用に納得いくか

が大事だと思います。

教習所では、短時間で新しいことを伝えていくので「本当に大事なこと」や「基礎」が中心となります。運転を始めてからのテクニックは、よっぽどセンスがある人以外は免許交付された後に積み上げていくものだと思います。

私の場合、車庫入れが壊滅的だったのですが、免許取得後に友人や家族からコツを教えてもらい、1ヶ月ほど近所の駐車場で練習をしてからはバッチリ入れられるようになりました。

技術は後からいくらでもついてきますので、自分の都合に合わせて選択するのが一番いいのではないかな、と思います。

運転免許証は必要ないと頑なに避け続けていた私が、今では、レンタカーを借りて遠出したりするようになりました。持っていると休暇の選択肢が広がります。また、身分証には毎回運転免許証にお世話になっています。

今はまだ取得していないという方も、必要ないと思っていた方も、いつか取得したくなる時が来るかもしれません。この記事が免許を取得するか迷われている方の参考になれば幸いです!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。自身が感じた生活に役立つ情報をまとめていきます。誰かの参考になれば幸いです。

また、同じようなことを感じたことがある方、もっと詳しい方など、フォローしてくださる方がいらっしゃいましたらTwitterやお問い合わせフォームより一報いただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました